未経験でもなれる!フリーランスのリアル

未経験でもなれる!フリーランスのリアル

未経験者必見!フリーランスの働き方をご紹介

リンク

フリーランスってどういう働き方?

フリーランスってどういう働き方? 会社勤めに慣れてしまうと、会社の肩書を持って会社の決定の下に会社の指示に従って仕事を行うというスタイルを疑わなくなるのかもしれません。確かにこのような会社組織に属することによって、毎月一定額の給与を受け取り、社会保険をはじめとする福利厚生の恩恵にあずかることが出来るのです。一方のフリーランスとは、比較すれば組織の制約が無い代わりに保証もないという働き方と言うことが出来ます。

フリーランスの契約

まずフリーランスは個人事業主、あるいは一人会社と呼ばれる社長一人だけで従業員が他にいない会社として事業を行います。その契約は請負あるいは準委任と呼ばれる形態です。請負であればクライアントに対して仕事の完成品を納入する代わりに報酬を受け取りますし、準委任であれば一定の役務を提供する代わりに報酬を受け取ります。これらを総称して業務委託契約と呼ばれますが、契約締結の際にはどのような内容なのかをしっかりと確認する必要があります。もっとも業界慣行によっては、口約束のみで書面を取り交わさない場合も少なくありません。

フリーランスの仕事の特徴

さてフリーランスと一括りにされがちですが、その仕事の進め方はそれぞれです。基本的には会社であれば総務や経理、営業、製造と部門が分かれている業務のすべてをこなしますが、ある程度外部に頼ることも可能です。仕事を受注しても完成できなければ始まらないので、クライアントの期待に応えられるだけの腕を磨く努力を日々怠らないことが必要ですが、クライアント探しという場面においては、その実力を発揮すべくエージェントに営業を任せてしまうことも可能です。えてして仕事の完成に向けて全精力を傾ける反面、自らのアピールが苦手な人も少なくないのです。もちろん色々な人との交流があって、実力をアピールする場を持っているのであれば、特に営業をしなくてもクライアントが見つかる場合もあります。フリーランスにとって情報収集やモチベーションの維持のために、様々な交流会に出掛けたりコミュニティに参加することは大切です。業界の内外を問わず人脈を広げれば、思わぬ依頼が舞い込む可能性もあり、仕事の幅も広がります。

フリーランスで活躍する職種

もっとも将来の見通しの立たない昨今の経済情勢では、フリーランスの仕事を本業にする人もあれば、副業とする人もいます。職種としてはWebに関するエンジニアやデザイナーやライターが目立ちますが、資格を取得して独立開業できる弁護士などのいわゆる「士業」や、あるいは建築現場を支えるいわゆる一人親方などもフリーランスです。従って職種によっては、仕事の完成までクライアント企業に常駐する場合もあれば、SOHOの場合もあるといったように、その形態は様々です。

よく読まれている記事一覧

pagetop

Copyright © 2015 未経験でもなれる!フリーランスのリアル All Rights Reserved.