未経験でもなれる!フリーランスのリアル

未経験でもなれる!フリーランスのリアル

税金・税務の知識は、フリーランスの必須知識です!

リンク

フリーランスに必要な税務知識

フリーランスに必要な税務知識 確定申告の時期になると、税務署の相談窓口には順番待ちの長蛇の列、というのが恒例になっています。個人事業主として仕事をすれば、確定申告を自分で行わなければなりません。仕事を受注して完成させることにだけ集中していたい、あるいは仕事が多忙で細かい金銭管理まで手が回らないというフリーランスも少なくありませんが、税理士に丸投げするのではない限り、基本的な税務知識を持っておくことはある程度やむを得ないのです。

青色申告のメリットを受けるなら

まず独立開業して税務署に「開業届」と「青色申告承認申請書」を提出しておけば、確定申告では最高65万円までの特別控除が受けられたり、配偶者のパート給与を必要経費に算入出来たり、あるいは赤字を翌年度以降に最高3年まで繰り越すことが出来たり、というメリットを受けることが可能になります。しかしそのためには、定められた帳簿書類を作成しなければなりません。確定申告は1事業年度に1度のこととはいえ、これが面倒なため、個人事業主にとって悩みの種となっています。しかし最近は会計ソフトがクラウドサービスで気軽に利用できるようにもなっており、きっちり領収書を残してそれを正確に入力することが大切になっています。

勘定科目の基本

さてその入力作業ですが、勘定科目という一定の分類に従って支出を計上して行くことになるため、どれが何に該当するのかという基本ルールを知る必要があります。まずは租税公課、接待交際費、通信費、消耗品費、減価償却費、事業主貸・事業主借という6項目を覚えておきましょう。租税公課とは、税金の支払いに関するもので、契約書の印紙税や自動車税や固定資産税などです。接待交際費とは、事業に関する飲食費などです。通信費とは、電話やインターネットのパケット料金の他、郵便切手やはがき代などです。消耗品費とは、コピー用紙や文房具など10万円未満で1年以内に使ってしまう備品類の購入代金です。減価償却費とは、購入代金が10万円を超える備品で、総額を耐用年数で割った金額を年度ごとに経費として計上します。最後の事業主貸とは、会社に対して事業主が立て替えている金額であり、事業主借はその逆になります。

記帳は正確に

さて誰しもできるだけ支払う税金を少なくしたいものですが、恣意的に仕入れを先払いしたり、売り上げの受領を先延ばししたりという形で黒字を減らした帳簿書類が提出されれば税務署に怪しまれてしまいます。また固定資産の減価償却は一定のルールに従って計算しなければなりませんし、福利厚生費や接待交際費といえども領収書さえあれば無制限に計上できるわけではなく、中には誰と行ったのか説明を求められることもあるのです。

よく読まれている記事一覧

pagetop

Copyright © 2015 未経験でもなれる!フリーランスのリアル All Rights Reserved.