未経験でもなれる!フリーランスのリアル

未経験でもなれる!フリーランスのリアル

未経験者も知っておきたい、日本のフリーランスの現状

リンク

日本のフリーランスの現状

日本のフリーランスの現状 歴史を俯瞰すれば、新たな技術の開発と普及により、たとえそれがそもそもの始まりにおいては強者に味方するよう設計されていたとしても、結果的に市場における弱者と強者が逆転するような現象を引き起こすことがあります。「寄らば大樹の陰」といった人間心理の一方で、急速な情報化社会の成熟に対応すべく生み出される様々な技術が、今の元気な個人事業主にとって追い風になっています。

crowd(クラウド)とは

2013年は「クラウドソーシング、クラウドファンディング元年」と呼ばれています。ここでクラウドソーシングとは、インターネット経由によって不特定多数に対して業務委託できるサービスであり、革命的な変化を及ぼしています。というのもこれまでであれば、そのような情報は一定の仲介や媒介を経て、あらかじめ登録している希望者に紹介されるという一連の手続きを経るしかなかったのですが、相互にインターネット接続環境にありさえすれば、瞬時のマッチングが実現するのです。日本全国あるいは世界全域から、しかも24時間いつでもアクセスできるのです。またクラウドファンディングとは、同じくインターネットを経由して、不特定多数から投資を募る手法です。これらのような不特定多数からそれぞれの経営資源を調達する仕組みが、併せてクラウド(crowd)と呼ばれています。

cloud(クラウド)とは

日本語で発音すれば同じ「クラウド」になってしまうのですが、この他に情報技術としてのクラウドコンピューティングを指して「クラウド(cloud)」と呼んでいます。これまでであればIT化に一定以上の予算を確保できる一部の企業にしか活用できなかったようなクラウドサービスが、手軽に利用できる環境が整ってきています。またそのサービス内容も、これまでの「情報系」と呼ばれるSFA(営業支援)やCRM(顧客関係管理)に限らず、POS(販売時点情報管理)や個人事業主にとっては願ってもない会計サービスなどのいわゆる「基幹系」にまで広がっています。

個人事業主2.0の出現

このような二つのクラウドサービスは、予算に乏しい個人であっても大きな企業と同等のIT化を実現させることができ、かつバックオフィス業務を独自に高度化し効率化することを可能にします。従って個人が自らの腕を磨きながらこのようなサービスを最大限に利用して、情勢の変化に応じて組織や立場を移りながら、成長分野で活躍するという新たな働き方が可能になっています。いわゆる「個人事業主2.0」の出現です。従来の個人事業主といえば、代々の家業を継いでいたり、高度経済成長期に大企業と共に成長した町工場のイメージがありますが、この個人事業主2.0は現代の高度な情報化社会を反映して、自主性と高い生産性を誇るものとして注目を集めているのです。

よく読まれている記事一覧

pagetop

Copyright © 2015 未経験でもなれる!フリーランスのリアル All Rights Reserved.