未経験でもなれる!フリーランスのリアル

未経験でもなれる!フリーランスのリアル

ポートフォリオを作ろう!未経験からフリーランスデザイナーを目指す!

リンク

未経験からフリーランスのデザイナーになる方法とは?

未経験からフリーランスのデザイナーになる方法とは? 一昔前であれば考えられなかった技術やサービスが続々と開発されて、自由に利用できるようになっている現在、学生時代に選んだ一つの進路をそのまま突き進む必要は、必ずしもなくなっています。未経験のものをいきなり本業にするのは無謀でしょうが、それなりの勉強を計画的に進めておいて、本業の傍ら実験的に副業を展開することは、以前より格段にたやすくなっています。

デザイナーの活躍場面

デザイナーといえば、いかにメッセージを印象付けるのか、という点においては媒体の如何を問わず活躍することが可能です。従ってIT化が進む中でWeb上の活躍が目立っているとはいえ、勉強を始める時には紙媒体における種々の蓄積を吸収しておいて損はありません。元をたどれば「象形文字」などというものも、伝えたい情報をすばやく正確に伝えるために編み出されたものであり、またヨーロッパでは「漢字」が「デザイン」として人気を博すなど、デザインの領域は思いもかけず広いのです。一般的には雑誌のデザインであるグラフィックデザインを参考にすると良いでしょう。雑誌という媒体も、ページをめくったその一瞬に情報が目に飛び込んでくるような優れた構成を採っています。これはWeb上でクリック一つで次々と広がる「ページ」の構成と同じです。フリーランスで活躍しようと思えば、他人とは違った引出を持つことが大切です。もちろん本人の感性が重要とはいえ、それを存分に表現できる術を得て初めて、世の中で評価されるのです。

デザインの基礎

従ってまずはグラフィックデザインの基本といわれる「デザインの要素と原則(Design elements and principles)」や「ゲシュタルト原則(Gestalt principles)」などの勉強を始めましょう。その一方でAdobeのIllustratorやPhotoshopなどといったグラフィックデザイン用のソフトをダウンロードして使い方に慣れましょう。デザインに有効なフリーフォントもダウンロードしておき、例えば名刺やiPhoneケースを実際にデザインしてみます。また至る所に「優れたデザイン」や「魅かれるデザイン」を捜し出して、なぜそう感じるのか、自分なりに分析してみましょう。絵画の勉強のためには有名画家の絵を繰り返し模写するという手法が今でも行われていますが、洗練されたデザインを徹底的に真似ることは大切な勉強です。こうして自らのデザインの核になるものを、手を動かしながら効率的に獲得することが出来るのです。

デザインを表現するツール

さてWebでの活躍を考えれば、プログラミングの技術と知識も必要ですが、オンライン上にも無料で学ぶことのできる講座が数多く提供されています。そしてあるいは様々な書籍を活用しながら、自分でWebサイトを作ってみましょう。最初は書いてある通りをなぞっているだけであっても、やがて無料で提供されているHTMLなどを活用しつつ、ゼロからオリジナルを作り上げることができるようになるのです。

よく読まれている記事一覧

pagetop

Copyright © 2015 未経験でもなれる!フリーランスのリアル All Rights Reserved.