未経験でもなれる!フリーランスのリアル

未経験でもなれる!フリーランスのリアル

高収入?激務?フリーランスエンジニアの実態を紹介

リンク

フリーランスエンジニアの実態調査

フリーランスエンジニアの実態調査 フリーランスといえば、やたらと報酬額が高額で、スーパーどころかハイパースキルでクライアントの要求する難題をすべて解決する、といったイメージを持つかもしれませんが、実際にはそれほどハードルの高いものではないようです。

報酬額は高め

もちろん会社勤めをしていれば、営業をせずとも仕事は山積みで、福利厚生もある程度充実している一方で、フリーランスともなれば割高な国民健康保険料を支払い、国民年金だけでは将来が心許ない上に、仕事を受注しないことには始まらないという事情があります。従って単純に両者を比較できるものではありませんが、報酬金額に限って言えば、フリーランスの方が高めの傾向があります。しかし、あくまで案件一件ごとにクライアントとの契約で定まるため、高い評判を得られれば高額化する一面、少しでもミスがあれば信頼を失って致命的になるなど、その評価はシビアです。

営業は外部に委託することも

フリーランスは浮き沈みが激しく、仕事量の波が大きいという不安がありますが、営業が苦手な場合であっても専門のエージェントを活用するという方法があるのです。このところIT化が急速に進んでいる上にますます高度化しているために、企業ではIT人材不足の状態が続いています。業界の実情に詳しいエージェントに依頼することで、思わぬビッグプロジェクトに参加するチャンスを手にできるかもしれません。また営業に限らず、経理などについても金銭的な余裕があれば外部に委託することで、仕事に専念する環境を整えることが可能です。

業務内容もレベルも想定内

実際にフリーランスが求められる現場での業務内容と言えば、意外にもサラリーマン時代と変わらない場合が多いようです。というのもクライアントにとっては、会社の経営上社内に人材を常時確保する必要があるのかどうか、という違いでしかないのです。そしてフリーランスに頼るということは、当然のことながら社内でエンジニアを育てる余裕はないということであり、即戦力としてプロの仕事を期待されているのは言うまでもありません。従っていくら実務経験が短くても、学校に通って授業を受けているのとは訳が違うということを、よくよく肝に銘じていなければなりません。また、クライアントによってはとてつもなくハイレベルな対応を迫られるかもしれませんが、通常の場合には求められるレベルも社内SEとかけ離れたものではないと考えてよいでしょう。もっともそのような場合には、報酬額も仕事の内容に見合ったものになるのは道理であって、下手な期待を抱いてはならないのです。フリーランスといっても、例えば派遣社員や契約社員に極めて近い立場で仕事を受注することもあれば、独自の技術で我が道を行くこともあるというように、実に様々な働き方ができるのです。

よく読まれている記事一覧

pagetop

Copyright © 2015 未経験でもなれる!フリーランスのリアル All Rights Reserved.