未経験でもなれる!フリーランスのリアル

未経験でもなれる!フリーランスのリアル

どうしたらなれるの?未経験からフリーランスライターになるには

リンク

未経験からフリーランスのライターになるには?

未経験からフリーランスのライターになるには? 元々文章を書くのが得意な人にとっては、フリーランスのライターとして稼ぐことができればこんなに楽しいことはありませんよね。しかしひたすらブログやノウハウ記事を投稿しているだけでは収入を得るまでには至らないものです。未経験からフリーランスのライターになるにはどうしたら良いのでしょうか。

どのような分野のライターが必要とされてるか

ライターとしての理想は、文章の中に自分の意見を反映させることのできる仕事です。しかしそういったエッセイやノウハウ記事などは、余程名の知られたライターにしか発注されません。一般のライターは、テーマに従って情報収集をして事実をまとめたり、ノウハウ文にしても原稿料が非常に安く、お小遣い稼ぎ程度にしかならないのが現状です。これに対してiPhoneやAndroidなど、一般の人々の生活にも密着していて、しかも日々成長していく業界においては「アプリレビュー」の需要は多く、フリーランスライターとしても活躍できる可能性があります。

ライターに必要なのは臨機応変に対応できること

ライターとなるにはそれだけの文章力が必要だと思われがちですが、実際に必要とされるのは「いかにテンプレートに沿った記事が書けるか」ということです。依頼の内容を読み取り、それにふさわしい文章を作成できる能力となります。ニュース記事ならば、あくまで事実に沿って作成することであり、「私は」「と思う」など筆者の主観は依頼内容にない限り避けた方が良いでしょう。スマホ対応の日記調でと依頼されれば、通勤電車の中でもさくっと読めるように砕けた文章にした方が好まれるのです。

いかに早く情報をゲットできるか

依頼されたテーマの中に、自分ではあまり詳しくないジャンルのものがあったとします。その時に求められる能力も文章力ではなく、いかに早く情報をゲットできるかということです。ネット上で検索をして、文章にできる程の具体性ある事実を探せる能力が生産性に結び付きます。あらゆる情報は誰でも真剣にネットで検索すれば小一時間もあれば調べることができるので、文章に広い専門性を持たせようとする必要はありません。知らなくても取りあえず調べてみて、メインにできそうな内容を中心に丁寧に表現することで、焦点が合った文章となるのです。

常に好奇心を忘れずに

誰でも出来れば自分の得意なジャンルの文章を作成したいと思うものです。しかしフリーランスライターとなれば、仕事により好みしているとチャンスを失ってしまうこともあります。今まで書いたことがないジャンルでも取りあえず調べて文章にしてみよう、という前向きな姿勢が必要となります。普段からあらゆるネタに対して好奇心を持ち、テーマを与えられたら自ら興味を持って情報収集をした結果を文章にすることで、読み手からも共感を得ることができるのです。

よく読まれている記事一覧

pagetop

Copyright © 2015 未経験でもなれる!フリーランスのリアル All Rights Reserved.