未経験でもなれる!フリーランスのリアル

未経験でもなれる!フリーランスのリアル

文章力を磨く!フリーランスライターとして活躍するためのポイント

リンク

フリーランスのライターとして活躍する秘訣

フリーランスのライターとして活躍する秘訣 フリーランスのライターになれば、自分の腕一本で文章を作成することによりお金を稼ぐことができます。仕事が軌道に乗れば、多くの文章作成依頼が来るのでそれだけ収入を得ることができるのですが、果たしてフリーランスのライターとして活躍する為には秘訣があるのでしょうか。

人を引き付ける文章とは何かを学ぶ

人に読んで貰える文章力を身につけるには、まず何を求められているのか知る必要があります。文字数が設定されている場合、だらだらと引き延ばすことで結局何が言いたいのか分からない文章になってしまったりまします。もしも与えられたテーマに対して多少知識があった場合、専門用語を羅列すると一般の人に分かりにくくなってしまうこともあります。そのような自己中心な文章作成をしない為に、ノウハウを学べるのが「コピーライター養成講座」です。コピーライティングということでキャッチフレーズがメインになりますが、文章を書く上で前半でいかに人を惹きつけるかを学ぶことができます。受講料がかかりますが、将来への自己投資と思えば早く受けておいた方がお得と言えます。

表現力が優れた小説やエッセイを読む

男性は小説やエッセイよりもビジネス本を読む傾向があります。しかし小説はあくまで文章により全ての情景を読者にイメージさせるのですから、文章力の勉強になります。どちらかというと女性作家の方が文体が優しくて分かり易いので初心者向けと言えますね。素晴らしい文章だと思う小説程難しい言葉を使っていないのも分かるし、文章の構成や長さなどでリズムの付け方も学ぶことができます。もちろんストーリーもしっかりしているのが基本ですので、書店でカウンターに並んでいるものがあれば手に取ってみることがお勧めです。但しあまり傾倒してしまうと無意識に文体が似てしまい、脱皮できなくなる可能性があるので注意して下さい。

自分の文章を音読し直す

フリーランスライターは文章を書いたあと、目視で推敲してデジタル投稿、という流れが多くなります。しかし一度書いた文章は自分で声に出して読み返すことも非常に大切です。特に助詞などは音読してみると意外と間違っていることが分かります。句読点も「ここは必要かな」「多すぎるな」ということが明白になるのです。音読することで自分の頭の中にすっきりとイメージできるようになるのが理想ですね。

大量に書く

漫画家等を見ていても、デビュー当時は下手くそだったのが連載を続けることにより、段々絵が上達してくるのが分かります。文章もこれと同じで、不慣れなうちは何でもかんでも知っていることを詰め込み過ぎて消化不足になってしまったりします。書いているうちに、メインのテーマについていかに丁寧に表現して、不必要な説明を省くか、というコツを掴むことができるのです。

よく読まれている記事一覧

pagetop

Copyright © 2015 未経験でもなれる!フリーランスのリアル All Rights Reserved.