未経験でもなれる!フリーランスのリアル

未経験でもなれる!フリーランスのリアル

SNSを活用しよう!フリーランスのライターが仕事を貰うには

リンク

フリーランスライターの目指し方

フリーランスライターの目指し方 自由に仕事ができるため、フリーランスのライターに憧れを抱く人は多いよう。しかし、フリーランスは仕事探しをはじめ、受注、仕事・契約内容のすり合わせ、スケジュール・金銭の管理などすべてを自分1人で行わなければなりません。これらの作業の中でも仕事を貰えるかどうかは心配なところ。仕事のアテがないまま独立すれば、収入ゼロも否めません。フリーライターがどうやって仕事を見つけているのか、その探し方についてご紹介します。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとは、簡単にまとめると「企業が不特定多数の人材に業務委託をし、サービスやコンテンツを作り上げること」を指します。業務委託に関することをやりとりするのは、インターネット上にある「クラウドソーシングサイト」と呼ばれる場。特定の業務内容や職種に絞ったサイトだけでなく、専門分野を限定しない総合サイトも存在します。これらのサイトではライターを募集していることもあり、簡単に仕事を見つけることが可能です。ただし、競争率は高く、ライター経験者でもなかなか受注できないというケースもあります。受注回数が増えるほど信頼性が高まり、仕事を貰える傾向にあるようなので、根気よく取り組むと良いでしょう。

企業に直接営業をする

クラウドソーシングで実績を積んだら、企業の公式Webサイトや展開している媒体から、ライターを募集していないか直接問い合わせてみましょう。特にこれらのサイト内に求人募集などの記載がなくても、問い合わせをすることは問題ありません。ただし、その際、自分がどんな人物なのかを説明することは必須です。単に仕事について聞くのではあまりに不躾ですし、そもそも何の情報もなければ、人柄もライティングスキルも分からず信頼性に欠けるでしょう。もし委託できる業務があっても、マナーや信頼性に欠ける人物に仕事を任せることはできません。必ず自分の経歴や記事の得意分野を添え、クラウドソーシングなどでライティングした記事もポートフォリオとして提出してください。こちらも最初は断られてしまうこともありますが、経験を積めば自己紹介時に記載できる経歴が増え、信頼に足る人物と認められます。

SNSで定期的に発信する

SNSは、自己表現や友達との交流の場だと思っていませんか?実はこのような個人的な活用方法だけでなく、企業やフリーランスなどが仕事の受注・発注のためにSNSを使って情報収集をしているケースがあることをご存知でしょうか。
「#フリーランス」「#ライター」とハッシュタグを付けて投稿したり、自己紹介欄にフリーライターであることや経歴などを記載しておけば、ライターを探している企業が声をかけてきてくれることもあるのです。逆にこのようなキーワードで検索をすれば、これらに関心のある企業や個人を見つけられます。また、フリーランス向けのセミナーや交流会の募集を探して参加し、人脈を広げるのも仕事探しに有効な手。同じライターでも得意分野やライティングの雰囲気、忙しさは異なりますから、そこで知り合った人から「自分の分野ではない」「スケジュール的に難しい」というような理由で仕事を紹介・斡旋してもらえることもあるようです。
フリーランスのライターになった場合、最初のうちは1文字あたり1円にも満たない仕事を行うこともあるようです。 しかし、実績を積み、人脈を広げれば単価は上がり、仕事の依頼も増えるでしょう。 「1人で仕事を見つけられないかも」と不安になるかもしれませんが、まずはSNSやクラウドソーシングを活用し、ライティングや検索方法に慣れていくと良いかもしれません。

よく読まれている記事一覧

pagetop

Copyright © 2015 未経験でもなれる!フリーランスのリアル All Rights Reserved.